2006年12月15日

おやつの可否!?@

しつけやトレーニング、新しいものを教えるときに食べ物をごほうびとして使う方法には賛否両論ありますよね。

私はというと・・・賛成です◎。先日のJAPDTでも再確認したことにあります。

ダンバー先生やKathy Sdao先生(もともとは海洋動物のトレーニングに携わっていた先生。巨大なせいうちなどもその魚をごぼうびとし、仰向けになる、右手をあげる、鼻の穴をあけるまで!様々な必要な動きを教えたそうです。09年には日本に日本ペットドッグトレーナーズ協会カンファレンスの講師として来日されました。)もそうですが、フードを使ったトレーニングは、まず飼い主さんもトレーニング自体がずいぶんとしやすくなるというメリットがあります。
(ただずっとおやつをあげるのではなく、最後は完全になくすまでがひとくくりです。)

おやつがあると早く、効率的に、やる気が出やすいという点もあるかと思いますね。(もちろん最初からおやつを一切使わない方法もありますから飼い主さんのお好みだとおもいます。)

動物的視点からは・・・・
もともと犬は起きてる時間の大半を食べ物探しに費やしていた動物です。(8時間のうち6時間半は食べ物を探している)食べ物を探すために何時間も頭をつかい体を使っているわけです。生きるためだから当たり前のようなことですが、だからこそ食べ物をごほうびとして使ってトレーニングのきっかけを作ることはとても自然でしかも効果のあるごほうびなのです。

つまり・・・おうちでは狩りをして食べ物を獲なくていい代わりに、人間と楽しく暮らすためにルールを守ることで食べ物をもらう!
という考え方はどうですか?どうせごはんをあげるなら、ついでに良い行動を強化しちゃおう!というわけです★

ニックネーム シグトレ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

犬同士のケンカ・・・!

koinu.jpg

お散歩してて普通にくんくん挨拶する時と、なんだかじーっとしたかと思うとお互いガウガウなってしまうときありますよね。

多くはオス同士(虚勢をしていないと特に)、メス同士の同性(オスほどではないですがあります)のケースです。人間と出会う前古くは犬は群れで暮らしオスの中の一番とメスの中の一番だけが子供を作ります。これは強い群れの存続の為と考えられています。

ペットになっても順位の争い・確認は常に行っています。
ガウガウのケース続きを読む
ニックネーム シグトレ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

苦手なものに遭遇。その時どうするB

さて音が苦手な犬の場合、音からは逃げれないのでつらいですよね。

私の愛犬こむぎは雷が嫌いです。おじけづいてしまうのか雷が終わっても台所の隅でずっと固まっている事が多かったです。

ですが最近は散歩中雷が遠くでゴロゴロ・・と言い出しても大丈夫になりました。(注:もちろんその後雷雨になる前に帰りました)苦手な音が外で聞こえたとき、すぐ音源から離れるのではなく

続きを読む
ニックネーム シグトレ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

苦手な物に遭遇。その時どうする?A

対象物によって対応が違うのですが、共通していえることは

●距離を取って(逃げるのではなくて)座らせる。

です。

たとえばリードでお散歩中、苦手な続きを読む
ニックネーム シグトレ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

苦手な物に遭遇。その時どうする?@

音が怖い、人が怖い、大きな犬が怖い・・・
苦手なことは色々ですよね。吠えたり、ふるえたり、威嚇したりこんな反応が出たとワンちゃんはストレスを受けています。

怖い経験からくる苦手の克服はとてもデリケートな問題です。続きを読む
ニックネーム シグトレ at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

犬のパーソナルスペース

苦手な物があると、犬は逃げる、或いは突進する(威嚇する)かのどちらかの行動を取ります。それは自分の安心できる距離よりも近くに苦手なものが来たときにおこります。

ワンちゃんは「これ以上は近づくのはやだ〜!」というシグナルを発しているのです。

ワンちゃんによって苦手なものは様々です。トラック、警備員、子供、などなど。ストレス続きを読む
ニックネーム シグトレ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

好きなおやつは何ですか?

公園で行っているボランティア教室では、教室が終了後お勉強お疲れ様、の意味をこめてワンちゃんにお土産をお渡ししてます。

これは大半が教室にご協力いただいている地域のペットショップ(コーナー)を持つ店長様からの寄付ですが、皆さん、ワンちゃんはどんなおやつが好きですか?或いは飼い主さんはどんなおやつをたべさせたいと思っていらっしゃいますか?

こんなおやつを試してみたい、、などぜひぜひコメント書き込みでご意見をお聞かせ下さい。今までお土産として高根公園に登場したおやつはこんな感じです↓
続きを読む
ニックネーム シグトレ at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

おちつきの無い犬(こむぎ)

050317.jpg
こむぎとは、そう私(まーま)の愛犬のことです!
こむぎの場合・・テリア種であることも手伝って、とってもすばしっこくすぐ喜び、すぐあわてる性格です(落ち着きが無いとも言います(-_-;)。裏返すと呼べばすぐに来ますし、命令に対して俊敏に反応してくれるといういい面を持っていますが、時にびっくりしてあわてると外では危ない事もたくさんあるので、あわてんぼうに合わせたトレーニングをしています。

あわてんぼうさんには…「CALM トレーニング」(カーム トレーニング)がお勧めです。

続きを読む
ニックネーム シグトレ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

犬の表情いろいろ

犬の表情いろいろ(怖がっているとき、怒って攻撃的になっているときなど)を見るのに参考になるかなと思う図をご紹介します。
dog.jpg

耳のたおし方、歯の出し方によって恐怖からくる表情なのか、攻撃的な表情なのか或いは2つが混ざった表情なのかの目安になります。だた犬は狼を家畜化して段々と人の好む犬種をつくっていった為、現在はたれ耳の犬、長毛の犬などもいます。続きを読む
ニックネーム シグトレ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

こいぬのカウンセリング

パピーのトレーニングは、初めてのトイレ、初めてのお留守番など犬を飼い始めるにあたって便利なコツなんでもお教えしています。

こいぬだから困った行動は無い場合でも、もともと怖がりな性格だと車を怖がったりします。そんな時の克服法などもお教えしています。

今回ご相談のあったパピーはコーギーのトロちゃん(7ヶ月)です★
toro.jpg

続きを読む
ニックネーム シグトレ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

カウンセリングから始まりますB

ワンちゃんごとのプランをお出しする背景には私たちのこんな考えがあります。

ワンちゃんには、その子の個性である「気質・性格」があります。(犬種からくるものも含めます)

そして続きを読む
ニックネーム シグトレ at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

動物行動学:犬の模倣学習ー美味しそうにたべてると?

今まで全然興味なかったのに急に変わったってことありますか?私はありました。良く行く広場で会うワンちゃんがいて、その犬は芝生に生えているある特定の草(クローバーみたいな感じの)を探してたべるんですが、ある日を境にうちの犬(小麦)もその草を探してむしってたべるようになったんです。

動物行動学的にはこれを模倣学習といいます。美味しそうに続きを読む
ニックネーム シグトレ at 10:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

カウンセリングから始まりますA

例えば・・・犬が食事中、お父さんが近づいても怒らないけど、お母さんだと唸る。お母さんには吠えないけどおばあちゃんには吠える、など。家族の中でも犬の態度は少しずつ違うものです。違ってもいいんです。でも犬といると気をつかうとか怖いとか、楽しくなくなっていたら見直していくべきだと思っています。

シグトレではカウンセリングをふまえて、環境×関係プランというアドバイスシートを作成します。続きを読む
ニックネーム シグトレ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

カウンセリングから始まります@

トレーニングのはじめにはカウンセリングを行います。どんな事に困っているのかをお聞きした後、普段の過ごし方などを詳しくお聞きしてワンちゃんのこと知っていきます。同時に訪問したお家の周辺の環境も含めて情報をまとめていきます。



続きを読む
ニックネーム シグトレ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

犬も仮病する・・・?[関心を求める行動]

今日もまた大学で聞いたお話を紹介しますね。「へぇー」な話です。

足を怪我した犬がいました。大きな怪我ではありませんでしたが、びっこを引いていたので獣医さんに連れて行き治療をしてもらいました。

数週間後獣医さんに行くと「怪我は完治しています」とのこと。でも家ではいまだにびっこを引いています。獣医さんほんとに治ったの???

でもあるときお散歩をお願いしているウオーカーさんに聞いたら続きを読む
ニックネーム シグトレ at 10:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

お留守番のときカーテンは開けてる?

ワンちゃんをお留守番させているとき、景色を見せて気を紛らわせてあげたいという思いからカーテンを開けていくことよくありますよね。

ここからはワンちゃんによりますが、続きを読む
ニックネーム シグトレ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

心理学のお話:ワンちゃんの心の中「通るといつも吠える犬」

bark1-2.JPG

お庭で飼っているワンちゃんに、そこを通るといつも吠えられる、そんな経験みなさん一度はあると思います。

吠えられると怖いし犬を極力刺激せずに済むからその場を走って通りたいですよね。でも実はワンちゃんの心の中では、全く逆の学習が成り立っているのです・・・!(大学の授業より)
続きを読む
ニックネーム シグトレ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

おうちの環境つくり

お散歩にいってるときはご機嫌だけどお家では妙に吠えたり落ち着かなかったり・・その逆で、お家では従順なのに外では落ち着かない。原因が分からないことって多いですよね。

飼い主さんとの信頼関係が出来ていても、克服できない問題は存在します。お家の環境がワンちゃんの行動の原因となることがあるんです。信頼関係に加えて、ストレスの少ない環境作り(安心できる居場所としてのお家)はとても大切です。
ニックネーム シグトレ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

「人と動物の関係学」動物と人間の精神的なつながり

ご報告が遅れました!・・が、9月10日とある大学獣医学部のオープンセミナーがあって以前から興味のあった講義を受けてきました。その一部ですが投稿したいと思います。

太田先生はイルカとのふれあいや、乗馬など動物とふれあう事が人間の精神的な部分に良い影響があるという事を科学的に研究している第一人者の1人で欧米の事情にも詳しい先生です。

日本はペットブームですよね。けれど、盲導犬の数、続きを読む
ニックネーム シグトレ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

引っ張り防止の練習は「目的地を決めないこと」

良く行くドッグラン、犬友達と毎日会う公園など行く先が決まっている時のお散歩では、犬が引っ張るのは「行きたくてたまらない」ので引っ張ります。そういった時に、引っ張りの防止のトレーニングは効率的にできません。

まずは目的地の無いお散歩で練習してみてください。
犬が興奮していない&行く先を認識していない時にこそ初めて意味のある練習ができます。


ニックネーム シグトレ at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする