2011年10月14日

「もってこい」応用編

自分のものは自分でネ。
うちは今年7歳になりおうちで寝ている時間が若干長くなったような気がします。それでも新しい事を教えるようにしています。覚えるのは早くはないですが、意欲はあるようなのでゆっくり教えています。





最初は近距離から練習して、最終的にはどこにおちてるか私には
分からないコングを回収してもらえると楽ちんだな、と思って
教えました。腰痛もちなのでテーブルの下に持ち込んだコングも
取ってもらうのは助かります。


ニックネーム シグトレ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

子犬の専門家

子犬の社会化を行っていくためには、子犬を飼い始めた飼い主さんがパピークラスに参加することも重要ですが 飼い主の手に渡る前から、社会化に向けた教育を子犬に施す必要があります。

今月開催予定の、飼い主の手に渡る前の子犬に対し社会化教育を行う専門家を育成するための教育プログラムを受講することにしました。

一般的な子犬の時必要なしつけについては把握していますが、日本ペットドッグトレーナーズ協会が主催で、かつ新しい情報も学べると思い決断しました。

楽しみ〜★




ニックネーム シグトレ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

散歩の選択肢を広げる

110610_1440~01.jpg
今日も最高気温26℃と犬には厳しめの気温ですね。

でも気温以外に風の強さに着目するとお散歩のタイミングの選択肢が広がりますよ。

この時期日陰を歩く必要は常にありますが、今日のように風が7mと強いと湿気があっても爽やかで散歩も楽しめます。

所用で14時台に公園に行きましたがこの強めの風で楽しくお散歩出来ました。
ニックネーム シグトレ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

台風の合間を見つける

http://ez.wni.co.jp/cgi/mws.fcgi?msg=index&tm=1218313287
台風で1日雨の予報ですね。

うちは雨雲の合間を見つけて散歩に行きましたよ。昼あたりにぽっかり雲の合間が出来たので、今だ〜とばかりに(*^_^*)

ウェザーニュース携帯版の雨雲レーダーを使いました。

雨雲の位置が10分間隔で更新されます。

それと雨雲がどちらの方角に向かって流れていくかも分かるので、「これから雨が止む可能性」を見つけられます。

テレビの情報より細かい地域でリアルタイムに近い雨雲を見れるのが魅力です。

欲を言うなら雨雲レーダーを5分毎に更新してほしいです。
ニックネーム シグトレ at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

静かに発散する方法

110513_1534~01.jpg
以前散らばったコングを持ってくるのを教えた時も便利だったので

次はリモコンを取ってくる、をクリッカ〜で教えることにしました。

部屋で静かに出来るだけでなく、頭を相当使うので程好く疲れますよ。エネルギーが余ってるわんちゃんやお出かけ出来ないときに発散する満足感を与えると思います。
ニックネーム シグトレ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

雨のお散歩

KC3O2671.jpg
公園や山などのお散歩をしてると花とか葉っぱを見る時間が沢山あるのですが、今までに見たことない形の葉っぱを見つけると結構楽しいです。

葉はもみじだと思われますが、そこから何か出てる!

なんだろう、でもタケコプターみたいでかわいい。
ニックネーム シグトレ at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

効果のあるしつけ法(つづき)

前回につづき他の効果のある方法をご紹介します。

フードを詰め込んだおもちゃの提供:

改善は何%だと思いますか? 続きを読む
ニックネーム シグトレ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

困った行動に効果あり(論文より)

「昔の叱り方、今はお薦めしない理由」の記事で良いとされていた対処法によってはかなりの高確率で行動が悪化するというお話をさせていただきました。

今日は、問題行動が良くなるお勧めの方法を同じ論文からの抜粋でご紹介します。

運動量をふやす・・・改善69% 
          悪化は


続きを読む
ニックネーム シグトレ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

小型犬のトイレトレーニング

toire.jpg

小型犬のトレーニングにおいてトイレトレーニングは意外に大変です。

なぜなら小さい犬ほどトイレしそうになってから、実際にする、までがとても早い傾向にあります。走りながらでも出来ちゃう子もいるそうです・・(笑)
ですので、観察するのもとても難しいですね。
コツとしては最初から自由を与えすぎないということだそうですよ。
たとえば一緒のお布団で家族と寝るのはトイレが出来るようになるまで待ってくださいね。

そして運動をしたあと、寝起き、食後などのタイミングでトイレに行きたくなりやすいのでその時にしっかり見張ってトイレを促すのがおすすめです。
ニックネーム シグトレ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

サイズの違う犬と遊ぶ時

BigSmall.jpg

JAPDT2010で海外の先生も含め貴重な講義を受けましたので、しばらくはそこで得た情報も含めて書いていこうと思います。

どんなに良い子でも遊び方がラフ(荒い)な犬はいます。初対面の場合は特にですが、プレイスタイルの違犬とは遊ばせないようにします。体重差がある犬同士の場合は特に注意が必要です。

大きい方が小さい方に前足をかけてはいけない、小さい方を追いかけすぎないというルールを設けましょう。追いかけられすぎると犬が苦手になってしまう子もいるので納得です。(写真の2頭はリードがありますのでプレイタイムではないですが、大きい犬は小さい犬に対して興奮することなく4つの脚が地面についていますね。)

どんなに小さい子が走り回ってもよいですが大きい子の行動にはルールを設けます。それが安全の確保となります。

ルール違反をした時点で遊びを中断します。中断させるときは大きい方の犬を止めて中断します。クールダウンしたらまた遊びを再開して構いません。あるいはお座りなどをさせておやつタイムにして終了などもOKです。






ニックネーム シグトレ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

ハウス

101005_2143~02.jpg
ハウスは犬の安心プライベートスペース。

リビングで寝ていても明るいからかうるさいからか最後はこちらに「IN」します。(うちはこれで帰国したのでそのままこれです)

材質は何でも巣穴のように周りが囲われていれば良いですヨ。
ニックネーム シグトレ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

昔の叱り方、今はお薦めしない理由

JAPDTカンファレンスで、今年特に感銘を受けた講義の1つは内田佳子先生の講義でした。

行動治療はじめる?始めてる?というテーマで、
トレーナーや獣医が連携して正しいしつけを広めていく大切さを再認識しました。

なぜなら犬のしつけでは欧米と比べて10年は遅れている日本はその情報が入ってきても浸透するまでに何年もかかるのです。

たとえば・・犬との上下関係をはっきりさせることが大切、といわれて来ましたが、それは古い理論で、行動学研究が進むにつれ科学的な根拠や様々なデータによりほめることを基本に信頼関係を築く、という理論がもっとも適切と2000年ごろから言われだしました。

しかし日本は新しい情報の浸透が不十分な状態で、今でも古い方法を薦めるトレーナーや獣医がいるという現状があるのです。

(講義の中で紹介された内容を引用・まとめさせて頂きました)
具体的には、上下をはっきりさせるようなしつけ方(アルファロールなど)は犬の攻撃性を誘発する危険があると論文などで示唆されています。

*アルファロール(犬を仰向けに寝かせ、犬が大人しくなるまで抑える行為)

・・・・・・・・・・・・・・・・
米国の論文より

●犬にアルファロールをした結果・・・改善44% 悪化25% 不変31%

成功率が50%未満しか無い上に、25%で行動が悪化する危険性もある方法をわざわざ選ぶ必要は無いと思います。

また叱る際に良くしてしまう、
●首をつかむ・振るに至っては・・・改善28% 悪化32% 不変40%  です。

行動が悪化する危険性が高いしつけが数年前には推奨されていた方法だったりします。

・・毎年のカンファレンスで学んだ最新情報を積極的に発信し、参加していない人にも伝えることで微力ながらも正しい情報の浸透に役立つように努力したいと思いました。
ニックネーム シグトレ at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

小型犬のトレーニング

100912_1524~01.jpg

初日のティオティアンダーソン先生の「小型犬のトレーニング」は日本のペット事情に則した興味深い内容でした。

何より先生自信がパピヨンを飼っており経験者であることも信頼出来ました。

小型犬だから補食行動の対象になりやすいなど、犬種でトレーニングスタイルを工夫する話は良くありますが、小型というサイズでここまで分析された飼いい方・トレーニングへのアドバイスは初めてで勉強になりました。

先生は現在ラブラドールとの二頭飼いであることから、大きさの異なる犬を飼う際の注意点も現実的な例を交えて下さいました。
ニックネーム シグトレ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

わんちゃんリラックスしてますか?

wanp.JPG

私の古い友人の会社から近々発売するユニークな商品をご紹介します★


ペットのストレスチェック「肉球パッチ」猫(足)


という商品です。

ワンちゃんのストレスをチェックできるとしたら、みなさんいつ使いますか?

次回はこのパッチの体験日記につづきます犬(笑)
ニックネーム シグトレ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

四季の森用紙UPしました

sikipos0709.jpg

四季の森ポスター&申込用紙UPしました。
秋の教室9,10,11月分です。遊びに来てくださいね。

ニックネーム シグトレ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

犬に朝起こされる?

わんちゃんに朝散歩や御飯を要求されて、起こされて困るとき、一番は「無視」です。
起こし方にもよりますが吠える飛び乗るなど無視出来ない場合はつづきを読む
タグ:要求吠え
ニックネーム シグトレ at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

愛犬の行動が急に変わったら

ワンちゃんの行動が急に変わったら、叱る前にまず体調を崩していないか、或いは怪我などをしていないか確認してください。

突然なでようと思ったら突然噛んだという出来事があるとします。一見行動の問題に見えますが、もし犬がねんざをしていたらどうですか?

足が痛続きを読む
タグ:病気 痛み
ニックネーム シグトレ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

玄関守っていませんか?

犬は自分の家を守るという本能的な気持ちがあります。その子によって縄張りの意識の強さ違いますが、1歳をすぎるあたりからそういった傾向が出てきます。

自分のおうちに近づくものへの不安などから吠えたりうなったりします。

吠えること自体をやめさせるには2つの手段があります。


続きを読む
ニックネーム シグトレ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

おやつの可否?!B

太るかも・・・?それは与える側の飼い主さんが気をつければ大丈夫です。どうするかと言いますと・・出されたら出されただけ食べれる子もいますのでカロリー計算をします。

そして、1日にあげる量=ごはんの時にあげる量+トレーニングの時にあげる量 として考えてあげます。

たとえばうちの犬の場合は 1日のカロリーを約700kl。おやつもあげたいのでおやつとご飯で足して大体700klになるようにしています。フード165g(メーカーによります)+ささみジャーキー2本 がだいたいそのカロリーにあたります。

*ワンちゃんカロリー計算サイトをリンクに追加しましたのでどうぞ参考にしてください。


ニックネーム シグトレ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

おやつの可否?!A

ルールの中に「おすわり」や「まて」、お布団に乗っちゃだめ、飛びついちゃだめ、などがあるわけです。それを教えるときに上手に出来たら食べ物をもらえることは、単に普段あげたいときあげるよりも犬にとってもうれしいことです。

なぜなら頭をつかって体を使った結果得る事ができた食べ物だからです。狩りをして獲たときのように、「ゲットした!」という実感が大きいほど犬はやる気も高まり生き生きします。それと同時に人間がおうちのリーダーだよ、と言うことも理解しやすくなります。

ただ食べ物を使うと・・・太るという心配はあります。それも飼い主さん次第で上手にコントロールできます。
(つづく・・・)

ニックネーム シグトレ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする