2015年08月28日

第10回JAPDT。海外講師はスェーデンから。

20150828_170715_236.jpg20150828_170632_747.jpg

今年もこの季節になりました。
スェーデンからの講師が招かれています。

海外講師のレクチャーは貴重です。
そして今日は英語じゃない言語なので新鮮です。

馬術調教師でありドッグトレーナーでもあるイェシカオーベリー先生。
スェーデンでは犬の臭覚に関するベストセラー本も出されているそうです。

犬との日常の生活で興奮レベルのコントロールがストレスの軽減にもつながる点や、犬がストレスを感じていてもそれが100%行動に表れるとは限らないので注意が必要、など興味深かったです。

ニックネーム シグトレ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

呼ぶと来るけど・・結局逃げる!なぜ?

DSC_0738.jpg

おいで、とか名前を呼んで来るように教えはずが、ピクッとするけど無視・・近くまでくるけどぜーったい捕まらない・・などありますか?

「呼び戻し訓練を行ったにも関わらず「呼んでも帰って来ない犬」になってしまう事案には、動物行動学の知見だけでは解決できないタイプの事例が多く含まれる。特に日本人が飼っている犬の問題行動の原として良く見られるのが、飼い主によるダブルバインドが原因となっている場合だ。」

飼い主が矛盾した態度を犬に取った結果犬は混乱・葛藤におちいります。・・最後は呼んでも来なくなります。じゃあ矛盾した接し方ってどんなことでしょうか。

無意識にしちゃうこともあるため、気がつくとそうなってることも。こちらの記事はお勧めだと思います。御一読ください♪

Dog actuallyから引用
http://www.dogactually.net/blog/2012/12/post-302.html
ニックネーム シグトレ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

犬を飼いたい方へ・・・

pupkomu.jpg

犬はその生まれよりも、育つ環境で大きく変わると思います。特に子犬時代は一瞬でその間に人間社会で生きるためのすべを身につけるとその先一緒に旅行、一緒にカフェ、なども楽々に楽しめるようになるのです。
そういえば、「子犬を飼い始めた時から時計の針が刻々と進んでいます」と言うフレーズを何かの本で読んだ記憶があります。その事をかなり明確に書いてある記事です。ぜひご一読を・・・。

http://www.dogactually.net/blog/2015/01/post-632.html
現実問題として、子犬から犬を飼うのは大変なことなのだ。まず子犬から飼ってしまうと、ともかくとても忙しい。この忙しいというのは毎日子犬の世話で時間が取られるという意味だけではない。(dog actuallyより引用)
ニックネーム シグトレ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

犬のトレーナーをお探しですか?

犬のしつけ方は、誰に聞くのが一番間違いないか・・?

子犬を買ったペットショップの店員さん=しつけ全般に詳しいわけではないので、目安としては

ペットショップ=飼育に必要な道具やごはん、トリミングのこと。
健康面=獣医師
しつけ=トレーナー   と考えると良いかなと思います。

ショップで教室を併設している場合はその教室に参加してもいいですね。

獣医大学で問題行動の修正に関する科目が履修科目として入ってきたのはここ最近(まだ十数年)という事もありますが、獣医師の専門は病気の治療です。個別に勉強されている方も増えてきていますが、しつけはトレーナーさんが良いかと思います。

とは言えトレーナーは国家資格ではないので、しつけ方も色々なので誰がいいのか分からないことも多いみたいです。ましてや頼んでみたけど、飛びつきには膝をあてるなど実は体罰?みたいなしつけ方を使う人もいますので慎重になってしまいますよね。

1つの目安としてお薦めなのが、JAPDTのドッグトレーナーリストです。

日本ペットドッグトレーナーズ協会
http://www.japdt.com/member/


まだリストは少ないですが、協会の方針に賛同しているトレーナー達なので信頼できると思います。
ニックネーム シグトレ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

やってはいけないのに、よくやっちゃう事

外で誰かの犬と会った時、やってはいけないのによくやっちゃう事の代表格が、

顔を近づけて(或いは、わざわざかがんでじーーーーーーっと)犬の目を見る。

です。

ニッコリしてようが言葉で「こんにちはー」とか「かわいいねー」とか言われても、会ったばかりの犬にこの接し方は犬にとっては正直ストレスです。(知っている犬は別です)

犬にとっては正面で目を見つめられるのはもともと苦手です。
(喧嘩の直前によくある状況の1つとして、犬同士でずーっと目を合わせて微動だにしないことがあります。)逆に犬は敵意がないことを示すために目があってもさりげなくそらします。

単に飼い主を知ってるからといってその犬があなたを認識しているかは別の話です。最初の接し方としてはふさわくありません。

犬にとってじーっと見つめるのは友好的な接し方ではないのです。


ニックネーム シグトレ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

犬が物音に吠える

不審な音がしたら警戒する、吠えると悩む方は案外多いと思いますが、それって犬としては正しい行動なんですよね。

でも野原で野宿しているなら別ですが、家では警戒しなくていい、と教える必要があるのです。

良く問題行動の原因は殆ど飼い主さんにあると言われますが、この場合もそうで、飼い主さんの犬とのコミュニケーション不足があると感じます。(撫でたいときになでたり話しかけたりするのとは違います。)接し方を変えれば犬も変わります。

●この程度の音では警戒しなくていいと教える。
●飼い主が音に焦らないように。
●吠えなかった時にきちんと静かに誉める。
●吠えたとしても合図で止めるように事前に教える。
●犬本能を別の形で満たしてあげる。

吠えるも本能ですが近所迷惑ですよね。誰でもできるとっても簡単な方法はお散歩、です。お散歩でからだを動かすだけでなく色んな匂いや色んなものを見て頭も体も使います。

歩きなが色んな音を聞くことになりますから自然と音自体に慣れる経験にもなります。普段家なら吠えてる音に、外では吠えないことも多いので、そのときは静かに誉めて、音の警戒心を解きましょう。

もて余してるエネルギーを使わせてあげないと、興奮しやすく吠えやすくなります。散歩は一番簡単な問題行動予防法です。

1日に1回は体も充分疲れるお散歩。そして夕方にもう1回は若いなら朝と同じ散歩、シニアなら気分転換のお散歩をお勧めします。

スーパーの買い物に或いは御主人を迎えに駅に行く程度の距離は、気分転換にはなると思いますのでお薦めです。ただしこれを1日1回の散歩とするのは明かに不足です。

うまくいかないときは、
●散歩には行っているが質が良くない。
●ほめてるつもりが、実は犬に伝わってない。

と言うことが考えられますのでこのやり方を変えてみる必要があると思います。
ニックネーム シグトレ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

無視って意外に難しい・・・。

よく犬が自分に向かって吠えて何かを要求してきた時は(おもちゃ投げろ!、ごはんごはん!など)は無視をしましょう、と言いますが「無視しても全然効果無い」って思う時ありませんか?

その時している行動を完全にストップするだけでなく、吠えに動じず騒がず。犬を見つめるのも(犬に注目していて無視できてないですよね)NGなんです。

無視って難しいですよね・・・なんせ吠えてても可愛いですからねー(*^_^*)自分をコントロール出来る自信が無いって方は、お部屋から無言で出て行く、ってのも効果あると思います。
ニックネーム シグトレ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

行動に影響を与える犬ごはん。

13458840037980.jpg
JAPDT(日本ペットドッグトレーナーズ協会)カンファレンス二日目。寝不足です。

Lore Haug先生の講義「犬の行動に与える栄養素」で。鹿、ダック、チキンは体のエネルギーを活性化する(暖める)たん白質、魚は落ち着かせ(冷やす)、牛は中立ですよーとのこと。

犬のしつけの先進国米国でもこの東洋医学の考え方がちゃんと根付いていると知り嬉しかった。(その国で効果が認められてないとこういう場では発表されないと思うので。)

うちは夏は馬、豚、白身魚、牛です♪ 馬、豚は講義では紹介されなかったですが私の愛読書(食物性味表)を見てそうしています。魚も種類によっては暖める、ものがあるとか興味深いんですよ。
暑がりハイテンションの犬には温めない・冷やすタンパク質はおすすめだと思います。うちはそろそろシニアだから冷え冷えにならないようにしないとですが、北国出身の犬なのでと日本の連日の34℃は厳しいです。
ニックネーム シグトレ at 17:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

うちの子はおやつにはなびかない?

eda.jpg
・・・おやつも好きだけど枝も好き・・・

食の細い子でも生きるために食べることは必要ですので、健康な犬なら毎日ごはんを食べます。トレーニングにフードを使いたいけどうちの子は食べ物に興味がない、つられない、という犬の場合こんな方法を試してみるのもおススメです。

色んなおやつ探しの旅に一度出てみよう。
1-a 乾いているものよりしっとりしている方が匂いがたつので好きな子が多いです。
   市販のものでは硬いものより柔らかいタイプです。
1-b普段チキンのフードをあげているなら、別のお肉(ビーフやラムなど)や別の部  位のおやつを試す。おススメはレバー。
1-c スーパーで売っているお肉をゆでたもの。

この中で反応が良いものを探してみてください。

もう1つの可能性は、普段与えているご飯の量が多すぎる。
(私の場合こんなことが昔ありました。1才のころ最初は測っていたのですがその後おおざっばに目分量でご飯をあげていたら、ある時ご飯を残すようになったのです。具合が悪いのかと心配したのですが、獣医さんに行くと結局は単なるぽっちゃりさんになっていまして・・(汗)多すぎて残していたのでした。ご飯以外にトレーニングで食べ物を使う場合はそれ込で1日の給餌量を考えるようになってから1年通してスリム体系を維持、&ご飯のお皿はいつもピカピカ。トレーニングであげる食べ物に対してもモチベーションも上がりました。)

食べ物よりもモチベーションが高まるものがある犬もいます。例えばボールやおもちゃです。或いはなでられるのが好きな子もいるでしょう。

ご褒美は食べ物に限ったものではありません。
その子が喜ぶものは何か?を探してあげるプロセスはとても楽しいですし、何より自分の犬の好きな物を増やし、与える事が出来るのは飼い主さんだけです。

人間で言うなら、私はテニスと買い物と焼肉とマッサージが好き!と色々あるように、犬も好きなことが増えれば=犬生に楽しみが増えるってこと。つまり意欲も湧きます。

そうすればそれらを活用して、やる気を刺激してしつけにも生かせます。一度色々試してみてくださいね。
ニックネーム シグトレ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

手伝ってくれる犬

洗濯物を干そうと山盛りの洗濯物を運ぶ途中、Tシャツを落としてしまった。
でも両手がふさがっていたのでとりあえずそのまま移動・・。そのとき
ひらめいて、我が愛犬にそれ持ってきて、と普段使っているコマンドで伝えてみた。
すると「えっこれですか?」と最初は戸惑っていたが、持ってきてくれました!
・・ただ体高がないのでTシャツを引きずってしまった。(汗)
ニックネーム シグトレ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

今だけ吠えてる?いいえ、これからも、です。

ちょっとご無沙汰してしまいました。

先日火災警報器の検査がありました。うちも半年に一度あるのですが、これがまた一大イベントになってしまっているおうちがあります。

他の部屋での検査の音も小さく聞こえるのですが、これがマンション全体となると数十戸の住居分、数時間続きます。

火災報知機「ビー」となっては「キャンキャンキャン!!」ついに自分の部屋に検査の人がくると、音がなっていなくても知らない人が来たってことでキャンキャン・・・・!!!!とエンドレス。さらに部屋でブザー音が鳴ると激しくキャンキャン!!。

半年に一度の事だから今だけだし・・・。そうですね検査が終われば吠えやむなら
そう思いたくなりますね。でもその一回が次にも吠えるくせになっちゃうとしたらどうでしょうか? 

そうなんです、この時吠えまくる行動を放置するのは、未来に遭遇する同じ状況や似た状況でもきっと吠えるでしょう。

今回の吠えは、火災報知機の音に対する吠えですから要求吠えではありません。
だから無視作戦は逆効果です。

犬の心理としては「音が鳴っている間吠えまくり、結果音がなくなった」ということで、吠えて追い払えた、と思うのです。一度成功すれば次回もこの方法で追い払おう、と自然と吠えるようになります。来年の検査でも確実に吠えまくるでしょう。

悪い行動というのものは、その時だけではなく、行動を起こす毎に積み重なり「くせ」となります。

ですから、ブザーの音に興奮して吠えてしまうなら、散歩に出るなりして悪い
行動を未然に防ぐのも「くせにならない」為にとても大切です。それに
ご近所に迷惑をかけないという点でも良いですね。


おまけ:散歩に出かける時のタイミングとしておススメなのが、検査が始まりブザーが遠くで鳴ったらリードを見せて付ける、です。その時吠えていないことが条件です。これが出来るとブザー=お散歩ということでブザーに良いイメージを付けるこkとが出来ます。ちょっとのブザーでも吠えちゃうなら、吠えていない時にリードを出して出かけましょう。
ニックネーム シグトレ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

盗み食い&拾い食い

昔会ったワンちゃん、小柄なパピヨンちゃんで「家の仏壇に備えてあるおまんじゅうをソファーからソファーに飛び移り、そして仏壇にジャンプ!という離れ業で高い場所に供えてあるおまんじゅうをゲットしてしまう」というご相談を頂いたことがありました。

訪問した時、その子にごあいさつ代わりに手の匂いをかがせ大丈夫そうなので撫でてみたところとても痩せていました。毛がふわふわですし、元気もあります。でも触ったときに背骨がはっきりわかる感触でした。

そこで普段のご飯の量をお聞きしパッケージの給餌量を見てみると必要な量よりずいぶん少なかったことが分かりました。少し前にお姉さんから譲り受けた犬でドッグフードもこの銘柄を毎日おちょこ1杯あげてと言われ、その通りにされていたそうです。普段からお腹がかなり空いていたというのもありそうでした。

一般的に背骨がすぐ触れるのはやせ過ぎと言われています。今の量よりほんの少し増やしてあげてみて見てください。パッケージの記載は目安ですので、ワンちゃんの体に触ってみるのがお勧めです。

ごはんは急激に量を増やしたり減らしたりというよりも、少し増やすまたは少し減らして、ゆっくり数週間ワンちゃんの変化を確認するのが良いと思います。

同じ犬種・年齢の2頭で、普段から動きが早くて活動的な子とのんびり屋さんとでは消費するエネルギーも違います。今の体重が仮に同じでも活動量が多い子を少しだけ多めに与えていいと私は思います。

追伸;拾い食い・盗み食いは一度成功してしまうと、次も狙う可能性が高まりますので、早めに対処するのがお薦めです。
ニックネーム シグトレ at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

呼んでも来ない原因は?

家では呼べば来る、けれど来客時や友人宅、外出先では出来ない。広場で一度放すと呼んでも戻ってこない。その原因は、犬がまだ子犬だから、すばしっこいタイプだから・・・ではありません。原因は犬にはありません。

飼い主が無意識にしてしまう事が、犬に予想外の影響を与えることがあります。例えば、おいで、と言って来たとたんリードをつなぐ、だっこするなどでは・・・犬は「おいで=つかまる」と学習しています。家でなら出来るのは、他に気が散るような刺激が少なく、犬を呼んで来た時につないだりせず犬をちゃんと誉めて完結しているのです。すると犬は「家では飼い主はボクを捕まえにこないし、褒めてくれるから嬉しい」と学習するのです。もし家でも逃げるなら、おいでの後きちんと誉めてあげられてない可能性があります。

呼んでも来ない、けど捕まえなくてはならない場合に、今度はおやつを見せて釣るやり方。これもオススメ出来ません。効果が有るのは最初のうちだけで、今度は「飼い主がおやつを出して優しく呼んだらボクを捕まえようとしている」と学び警戒し始めます。そしてさらに、良くあるのが名前を呼ぶことで「おいで」をさせていた場合。名前に警戒心を抱く可能性もあります。(おやつを使う事は悪くありません。正しいおいでができない状態でおやつで釣るのが良くないのです。)

すぐ近くまで来るけれど捕まらない距離をキープする。捕まえようとするとするりと逃げるような時は「おいで」という言葉にすでに不信感を持っているかもしれません。小型犬のダックス、チワワ、ヨークシャーでもやはり犬。警戒して逃げる犬を捕まえるのは大変です。犬は賢くその観察力はとても鋭いのです。それはおうちに来たばかりの子犬でも同様です。

ならば一度リセットして教え直すのがお勧めです。その時は
続きを読む
ニックネーム シグトレ at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

犬同士が仲良がいいかどうか

DSC_2049-1.jpg
犬同士が仲良しかどうか、うまくいっているかは互いの表情を見ても良く分かると感じます。

写真の二頭は二頭とも口元や目の力が抜けています。口角が上がって見えることもありますね。楽しい&リラックスしてます。

一方で、もし姿勢良く頭がぐっと上がっていて目は見開くようにして、足腰はぐっと踏ん張ったような体勢の時は緊張、興奮しています。(耳は前に向いていることが多いです。)

自分の犬がリラックス出来ていたら、一緒にいる犬もリラックスしているか見てみて下さい。もしその犬が後者の状態なら環境や距離感を変えてみるといいと思います。

互いにリラックス出来る犬友てほんと嬉しくてありがたい存在です。
タグ:相性
ニックネーム シグトレ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

お散歩は何分がベスト?

osanpo.jpg

一般的にお散歩は大型犬なら何分小型犬なら何分・・という目安で描いている書籍もありますが、私は健康な犬なら「帰宅後犬がウトウト&くつろぐ程度」がちょうどいい」と言われている説が、良い散歩の量だと実生活で感じます。

(あえて分数で言うなら・・質の良い散歩をダックス、チワワ、トイプードルでも最低でも20分、中型犬なら40分、大型犬は60分を朝・晩という目安です。)


小型犬でも1時間お散歩する子だっています。犬にはもともと運動に最適な筋肉を持って生れてきますので運動するのは自然なことです。ただ質の良い散歩には、出来れば長さより「運動量と質」を意識して行くのがお薦めです。1時間外に行っても犬友達とおしゃべりして、当の犬たちはじっとたたずんだままなんて場合は質の良いお散歩とは言えません。

米国ニューヨークタイムズ新聞で掲載された科学的検証結果のように、継続的な運動は、単純に疲れる・精神的な充足感以外にストレスへの耐性が得られます。(ストレスを感じにくくなる、強くなる効果)
出来るならお散歩は毎日行ってあげるとより良いのだと漠然と思っていた飼い主さん、その通りでした★

・Phys Ed: Why Exercise Makes You Less Anxious
(なぜ運動が不安感を軽減するのか)
http://well.blogs.nytimes.com/2009/11/18/phys-ed-why-exercise-makes-you-less-anxious/

・英文記事なので日本文のリンクも貼りました。
http://www.lifehacker.jp/2009/11/post_1289.html


犬はストレスを感じると、お腹を下す、フケが出だすなど体調が崩れることもあります。吠える、かじるなどの問題行動も起こします。留守中に起きると尚心配な出来ごとです。

特にお家でのお留守番や、お行儀よくしていて欲しい場面(ドッグカフェ、来客時、友人宅への訪問時)では事前に質の良いお散歩を十分してあげることが成功の鍵です。

お散歩には外の世界に慣れる(社会化)、そしてストレス耐性を身につけるそういった大切な役割もあると言えそうです。
ニックネーム シグトレ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

来客があった時に出来ること

クリスマスにはお客様を招いてパーティ!と言う方もいらっしゃると思います。家にお客様が来たとき、ダンバー博士のお家では犬がお客様をクッキーの入っている瓶のある場所に連れて行くように条件付け(トレーニング)してあるそうです。

一度それを教えてしまえば、

お客様がくる⇒
クッキー瓶へお客を連れていく⇒
お客が瓶からクッキーを取って自分にくれる!

というほめるトレーニングが自動的に行われることになるので、さらに来客が好きなりますね。

応用として:男性には クッキー3つ
子供には 特別なおやつ

とすると一般的に苦手なタイプの人も好きになります。
自分がいなくても、ほめるトレーニングになる仕組みを作っておくと
とても便利ですね。

(9/17のセミナーより)
ニックネーム シグトレ at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

犬がうなったら叱るべき?


犬がうなる時、何かに警戒していることが多いと思います。嫌いな犬や人を見かけた時じーっと見つめ「ウー」など。(遊んでいる時にもうなりますが、ここでは警戒うなりについてです。)

唸りは「これ以上はやめて」「近づかないで」というメッセージです。
大型犬ならかなりの迫力があります。そして小型犬でも、もちろんうなった後吠えたり噛んだりという行動に続く事がありますから飼い主さんは緊張されるかもしれません。

では、この唸りを止めさせるべきでしょうか?答えはNOです。

唸りはいわゆる相手への警告です。叱って、唸る行動自体をさせないようにしてしまうととても怖い事が起こります。

唸る⇒(それでも相手が来たら)⇒噛む



無言⇒噛む のように警告無しに行動するようになってしまうからです。

唸った時は慌てず、何に唸っているのかをまず観察します。
その対象物から唸りが止む距離を取るのがお薦めです。
距離を取る時はリードを引っ張るよりも、名前を呼んでこちらに呼び寄せるような方法が良いと思います。無言でリードを引っ張ると飼い主さんが焦っているのを気づかれ犬が余計に不安になることがからです。

次回は・・・それが見えるけれど犬は唸らない距離を取って通り、犬を褒めてあげれば良いです★



ニックネーム シグトレ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

呼び戻せる?こんな時。


画面をクリックすると動画がスタートします

ダンバー博士の運営するウエブサイト「Dog Star Daily」で
とても面白い犬の動画が紹介されていました。

「鹿の群れを追いかけるラブラドール、と飼い主」です。

飼い主の男性の必死な呼び声が切ないです。

よく見ると車道もあるし危険な状況ですよね。この動画でわかる事は、犬が自由になると人では到底追い付けないということ、そして「おいで」をいざという時に教えておくのが大切ということを実感します。


Dog Star Daily
http://www.facebook.com/iandunbarJP#!/DogStarDaily


ニックネーム シグトレ at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

子犬の選び方&JAPDTパピーケアトレーナー!

今年は、日本ペットドッグトレーナーズ協会で実施されたパピーケアプログラムを受講しました。販売店にいる間の子犬の社会化教育はとても大切であるということを正しい知識と共に広めていきたいと思い、このプログラムを受講しました。その後試験を受けまして・・・無事合格しました!(修了証は現在郵送待ちです☆)

http://www.japdt.com/canference/2011/program.html

子犬を良い子に育てるには、飼い主さんの手に渡る前のペットショップでも適切な環境で子犬が飼育され、そして正しいしつけ(社会化やトイレトレーニング)が行なわれている事が望ましいです。

だって子犬を飼うならトイレトレーニングが出来ていて人や犬にも慣れている子の方がいいですよね?

子犬は生まれて3週齢から「スポンジの様に色んな事をどんどん吸収していく」いわゆる社会化期がはじまります。この時期は警戒心も低くかつ色んな刺激にも慣れ易いので色々な刺激を経験させてあげるべき時期です。

そして何より厳しい現実なのが、子犬をおうちに迎えた8週齢以降の時点ではもうその「スポンジ」の時期が半分以上終わってしまっているのです。

だから正しい子(犬)育てをしているお店を探すのも、子いぬ選びのポイントとなってきます。


ニックネーム シグトレ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

引っ張り防止を効果的に教えるコツ

「目的地のあるお散歩は引っ張り防止のトレーニングには不向き」

普段の朝夕のお散歩は、ドッグランやいつもの公園に寄ったりなど目的地のあるお散歩の場合が多いですよね。

そういったお散歩の中では、効果的に教えることは難しいです。すでに犬が目的地を察していると早く犬友達と会いたい、早くドッグランで走りたいという気持ちがより引っ張る原因となるからです。

つまり、引っ張り防止の練習をするときは、普段のお散歩とは別の機会を設けることがポイントです。そして公園に向かって歩くのではなく、一度歩いた道を戻る形で練習(往復)するのがまずお勧めです。

ダンバー博士のセミナーではこういったちょっとしたコツも聞けました。

ニックネーム シグトレ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする