2011年07月24日

被災した動物の救済・支援サイト

jears_ben_ja[1].png
http://jears.org/ja/%E3%80%8D

被災地でのボランティア活動に積極的に参加している中学の同級生からの情報をシェアします。

彼女自身は縁あって岩手で依頼のあったエリアのがれきの片づけ、草刈り、物資の仕分けなど団体で取り組んでいます。動物がとても好きな友人でJEARSの理念に共感した人の1人です。

・・・・・・以下上記サイトより引用・・・・・・
JEARS連合は、日本にある3つのひたむきなシェルター運営者が集まってできました。滋賀にあるジャパン・キャット・ネットワークのDavid Wybenga、ハート・徳島のSusan Mercer、そしてアニマル・フレンズ・新潟のIsabella Gallaon-Aokiの3人です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


被災地でのペット救済やケアは人間の次になってしまい数多くのペットが被災地でさまよい、苦しみ、その中で命耐えたものも少なくない状況を色々なメディアで見ました。

現地には行けないけれど、支援や救済をしたいという方は一度サイトをご覧頂ければ幸いです。

ニックネーム シグトレ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地の動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

TVと現実は違う…原発周辺の動物達の状況

残された動物達の現実。

肉体的にも精神的にも想像を絶する現状の中実際に福島入りして活動していらっしゃる獣医師です。

ショックを受ける内容なので心の準備をしてから見てください。でも私たちが知るべき事だと思います。これがTVには流れない事実で残酷なほど悲しい現状です。

今本獣医師は家畜やペットの現状を調査、記録し今失われていく命を助ける為に政府が動かそうとされている獣医師です。

新庄動物病院のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah

(携帯からなのでリンクが携帯サイトかもしれません。あとで確認します。)
正しいリンク確認しました。
ヤフーブログ内の新庄動物病院で出ると思います。

メディアでは助かった命に焦点があてられがちで、続きを読む
ニックネーム シグトレ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地の動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする