2007年05月15日

成田検疫所のつづき

部屋の中は・・・なんとなくろうやっぽいのですけれど・・水はけの良い塗料の塗られた室温24℃湿度かなり高いお部屋です。
kenekiroom.JPG
犬にとってはこの湿度は辛いと思うんですが、適温らしいです。
訪問している間は部屋の上の小窓をあけて風を入れました。帰国したのは秋口だったので助かりました。

ウンチも食事も寝るのもこの2畳程度の部屋ですから狭く感じます。1日に確か2回お散歩(建物の敷地内半屋内だったかと思います)10分程度部屋から出してもらえるようです。それと1日1回獣医さんかな、犬の状態を確認しにくるお姉さん(ときにお兄さん)が来ます。他の人に会えないのでうちの犬は大喜びでした。

うちの場合自己負担で世話をすることにしたので分からないことだらけ。でもスタッフさんがとても親切にしてくださいました。部屋も一番端っこの部屋で、敷地内の小さな芝生エリアだけなら出ていいと(もちろんその周りには柵がありますから隔離されています)言ってくださいました。出入りをしやすい位置の部屋を空けてくださったのでした。
この部屋は重たい2重扉になっていています。扉と天井の間は網になっていて通気されています。

1日の流れは大体こんな感じです。
朝・・・9時過ぎに到着。トイレの掃除。トイレは単に部屋に新聞紙をひいた一画です。ホースで流しブラシで掃除します。

そして朝ごはんをあげます。缶詰を使っていたので冷蔵庫をかりたりスプーンなどもかりていました。

なにせNYから成田についてそのままだったので何も
便利なものは持ち合わせてなかったのです。

10時ごろ〜1HRほど芝生エリアでぼーっとします。
時間がありすぎるのと部屋にいるのは暑いし座るところもないのでたいてい外で発着する飛行機を見てました(^。^)

11時ごろ 落ち着いたら(あるいは寒くなったら)部屋に戻りお昼ねです。(時々人間も一緒にうとうろ)
小さなかばんを持ってきていたのでその上に座って雑誌を読んだり犬と遊んだりしていました。

12時ごろ 人間の昼食。毎朝コンビニで買ったお昼。

午後 芝生でぼーっと。

16時 夜ご飯。許可されている時間は9-17時なので早めのご飯をあげます。

17時 泣こうが泣かまいが、辛いけど帰る!

の繰り返しを2週間しました。ちなみに駅から遠いのでバスで通います。

スタッフさんとは色々分からないことがあって話しをしていたので、犬が下痢をしたときに整腸剤を頂いたりとてもよくしてもらいました。

ニックネーム シグトレ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外犬事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: 絵文字[必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/843224
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック