2013年11月07日

台湾で狂犬病が発生。

今までは発生がなかった台湾で狂犬病が今年発生したことが、先日の動物取扱業研修でも触れられ、台湾は非清浄国の扱いとなりました。

感染が認められたのはアナグマだそうで、その後犬の感染・発症も確認されました。会場で説明をされた担当者の話によると、アナグマのウイルスを検査したところ何年も前から水面下でアナグマに広がっていたのではという特徴が見受けられたそうです。狂犬病は致死率がほぼ100%に恐ろしい感染病・・。

狂犬病の防止には、飼い犬には予防注射、そして野犬の管理が一番有効だそうです。狂犬病のない日本を維持したいですね。

ニックネーム シグトレ at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: 絵文字[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3548589
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック