2013年03月14日

NYで夜間救急も対応の動物病院。

ニューヨークに住んでいる頃、愛犬小麦が夜、突然の嘔吐、10分ごとにゲッゲッと心配で寝れず・・・。

まだ4ヶ月程度のパピーでしたので、体力もまだないので救急外来に行くことを決意。夫婦で真っ青になりつつもタクシーを拾い病院に直行。

マンハッタンは観光地なのでタクシーは拾いやすく、しかも夜中だったので、道がガラガラで程なくして到着。
病院に着いてすこしまたされました。(1人か2人待っている人がいましたが)待っている間に落ち着いたのか?小麦はキャリーからひょっこり首を出すなどしていました。

診てくれたのは30代くらいの先生でした。(外人の歳は分かりにくいです。)処置自体は別室でやったような記憶がありますが、鳴き声1つなかったので上手だったのかな?と。とにかく、診てもらえて回復してよかった!と再び夜中のマンハッタンをタクシーで帰ったのでした。


24時間受診が可能です。

amc-logo.gif
Animal Medical Center
http://www.amcny.org/


ニックネーム シグトレ at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外犬事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: 絵文字[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3423095
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック