2012年10月31日

獣医さんも犬にストレスを与えないワザを心得てます。

私の愛犬はNY生まれで、初めての獣医さんはマンハッタンのアッパーイーストにある動物病院でした。初めての獣医ではキャリーにいれてワクチン接種に。

ワクチンを打ったら、奥にあるガラスのクッキージャー(びん)から
おやつを1つ取り出して「Good girl」(いい子だったわネ)と言ってクッキーをくださいました。

今思うと動物行動学に沿ったとってもありがたいおやつ、だったなぁと思います。

注射 → ほめられておやつ

子犬にとってびっくり・あるいは苦手になりやすいことに、そうやってきちんとケアしてくれたおかげで、8才になっても注射や鍼灸の治療時も微動だにしません。

私がお世話になったNYの動物病院は、犬が緊張しないように対処するケアが普通のことのように行われていました。とても安心できる病院でした。


ニックネーム シグトレ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外犬事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: 絵文字[必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3320418
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック