2012年09月17日

犬が物音に吠える

不審な音がしたら警戒する、吠えると悩む方は案外多いと思いますが、それって犬としては正しい行動なんですよね。

でも野原で野宿しているなら別ですが、家では警戒しなくていい、と教える必要があるのです。

良く問題行動の原因は殆ど飼い主さんにあると言われますが、この場合もそうで、飼い主さんの犬とのコミュニケーション不足があると感じます。(撫でたいときになでたり話しかけたりするのとは違います。)接し方を変えれば犬も変わります。

●この程度の音では警戒しなくていいと教える。
●飼い主が音に焦らないように。
●吠えなかった時にきちんと静かに誉める。
●吠えたとしても合図で止めるように事前に教える。
●犬本能を別の形で満たしてあげる。

吠えるも本能ですが近所迷惑ですよね。誰でもできるとっても簡単な方法はお散歩、です。お散歩でからだを動かすだけでなく色んな匂いや色んなものを見て頭も体も使います。

歩きなが色んな音を聞くことになりますから自然と音自体に慣れる経験にもなります。普段家なら吠えてる音に、外では吠えないことも多いので、そのときは静かに誉めて、音の警戒心を解きましょう。

もて余してるエネルギーを使わせてあげないと、興奮しやすく吠えやすくなります。散歩は一番簡単な問題行動予防法です。

1日に1回は体も充分疲れるお散歩。そして夕方にもう1回は若いなら朝と同じ散歩、シニアなら気分転換のお散歩をお勧めします。

スーパーの買い物に或いは御主人を迎えに駅に行く程度の距離は、気分転換にはなると思いますのでお薦めです。ただしこれを1日1回の散歩とするのは明かに不足です。

うまくいかないときは、
●散歩には行っているが質が良くない。
●ほめてるつもりが、実は犬に伝わってない。

と言うことが考えられますのでこのやり方を変えてみる必要があると思います。

ニックネーム シグトレ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: 絵文字[必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3273106
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック