2011年12月28日

お散歩は何分がベスト?

osanpo.jpg

一般的にお散歩は大型犬なら何分小型犬なら何分・・という目安で描いている書籍もありますが、私は健康な犬なら「帰宅後犬がウトウト&くつろぐ程度」がちょうどいい」と言われている説が、良い散歩の量だと実生活で感じます。

(あえて分数で言うなら・・質の良い散歩をダックス、チワワ、トイプードルでも最低でも20分、中型犬なら40分、大型犬は60分を朝・晩という目安です。)


小型犬でも1時間お散歩する子だっています。犬にはもともと運動に最適な筋肉を持って生れてきますので運動するのは自然なことです。ただ質の良い散歩には、出来れば長さより「運動量と質」を意識して行くのがお薦めです。1時間外に行っても犬友達とおしゃべりして、当の犬たちはじっとたたずんだままなんて場合は質の良いお散歩とは言えません。

米国ニューヨークタイムズ新聞で掲載された科学的検証結果のように、継続的な運動は、単純に疲れる・精神的な充足感以外にストレスへの耐性が得られます。(ストレスを感じにくくなる、強くなる効果)
出来るならお散歩は毎日行ってあげるとより良いのだと漠然と思っていた飼い主さん、その通りでした★

・Phys Ed: Why Exercise Makes You Less Anxious
(なぜ運動が不安感を軽減するのか)
http://well.blogs.nytimes.com/2009/11/18/phys-ed-why-exercise-makes-you-less-anxious/

・英文記事なので日本文のリンクも貼りました。
http://www.lifehacker.jp/2009/11/post_1289.html


犬はストレスを感じると、お腹を下す、フケが出だすなど体調が崩れることもあります。吠える、かじるなどの問題行動も起こします。留守中に起きると尚心配な出来ごとです。

特にお家でのお留守番や、お行儀よくしていて欲しい場面(ドッグカフェ、来客時、友人宅への訪問時)では事前に質の良いお散歩を十分してあげることが成功の鍵です。

お散歩には外の世界に慣れる(社会化)、そしてストレス耐性を身につけるそういった大切な役割もあると言えそうです。

ニックネーム シグトレ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: 絵文字[必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2984737
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック