2011年10月17日

引っ張り防止を効果的に教えるコツ

「目的地のあるお散歩は引っ張り防止のトレーニングには不向き」

普段の朝夕のお散歩は、ドッグランやいつもの公園に寄ったりなど目的地のあるお散歩の場合が多いですよね。

そういったお散歩の中では、効果的に教えることは難しいです。すでに犬が目的地を察していると早く犬友達と会いたい、早くドッグランで走りたいという気持ちがより引っ張る原因となるからです。

つまり、引っ張り防止の練習をするときは、普段のお散歩とは別の機会を設けることがポイントです。そして公園に向かって歩くのではなく、一度歩いた道を戻る形で練習(往復)するのがまずお勧めです。

ダンバー博士のセミナーではこういったちょっとしたコツも聞けました。

ニックネーム シグトレ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬のしつけ・トレーニング・行動学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: 絵文字[必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2891921
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック